小児矯正のメリット

ホーム > {{ h1 }}

小児矯正がなぜ重要か

小児期から矯正治療を始めることには、大きな意味があります。矯正治療は成人してからでも受けることができますが、顎骨の成長が終わってからの矯正治療では理想とする歯並びにするためには長い時間と費用を要します。場合によっては手術ということもあります。
小児期から始めることで顎骨の成長をコントロールしながら歯並びの調整をする事ができ咀嚼力を高め、滑舌や顔貌の悪化を防止することもできます。さらには、早期に歯並びを整えることで虫歯や歯周病にもかかりにくくなり、お子さまの将来のお口の健康を守ることにも繋がります。
もちろん、成人してからの矯正も大きく今後の生活にメリットがあります。今更遅いかもとは思わずまずはお気軽にご相談ください。

小児矯正のメリット

あごの成長をコントロールできる

幼少期は骨格が柔らかい為、顎の骨を拡大して歯が並ぶスペースを作ったり、受け口などの上下の顎のずれをコントロールする事が出来ます。

後戻りが少ない

矯正治療終了後、装着を外すと元に戻る動きが生じます。幼少期より治療を行うと後戻りが少なくなります。

抜歯の可能性が低い

現代人は顎が細く歯が大きい為、歯が並ぶスペースが不足して重なってしまう事が多くあります。幼少期は骨格が柔らかい為、顎の骨を拡大してスペースを作る事が出来るので、抜歯しなくて済むケースが多数あります。

お口の本来の機能を取り戻す

マウスピース型矯正装置を使用する事により、舌の動きのトレーニングを行ったり、上顎を拡大する事により鼻の通りが良くなり口呼吸が改善されます。その結果お口の機能が改善され、健康な生活を送れる様になります。